2017/12/26 00:00

超特急、全公演秒速完売したアリーナツアーが遂に開幕!

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
史上最大規模となる春の全国ツアーでは23公演で55千人を動員。4月発売のシングル「超ネバギバDANCE」では初のオリコンウィークリーチャート1位も獲得した7人組ダンスボーカルグループ・超特急が、12月24・25日に恒例のクリスマス公演を幕張イベントホールにて行った。注目度急上昇中の彼らだけに、チケットは即完売。多芸多才なクリスマスメドレー等、クリスマスだからこその演出で最高のプレゼントを贈ると同時に、これまでとは一味違う新境地で2日間に集まった計2万人を驚かせた。

クリスマスライブを行うのは4年目となる超特急だが、今年は5周年イヤーの締めくくりとして4都市5公演に上る全国アリーナツアー『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginning』の初日&2日目公演として実施。5号車のユーキが総合演出を務める等、メンバーそれぞれがライブ制作に関わっているのが今ツアー最大の特徴で、そのぶん8号車と呼ばれるファンに7人の想いがダイレクトに伝わるものとなった。クリスマスツリーが置かれたステージの上、煙突の煙のように噴き上がるスモークの中から超特急サンタが登場すると、7号車のタカシが「8号車のみんな、メリークリスマス!」と挨拶をして、クリスマスソング「Joy To The World」をドレッシーなソロダンスで披露。その際のメンバー紹介ナレーションを担当していたのはリーダーの3 号車・リョウガで、白と黒のモノクロームを基調とした衣装は、2号車のカイが“超特急版サンタクロース"をテーマにプロデュースしたものだ。ファーがあしらわれたファンタジックな装いはクリスマス公演にピッタリで、カイも「衣装プロデュースはずっとやりたかったので幸せ。それぞれのメンバーに着てほしい衣装を着てもらって、世界一カッコよかった!」とご満悦。おまけに24日は奇数号車メンバーが黒で偶数号車メンバーが白、翌25日は奇数号車が白で偶数号車が黒と、衣装の色合いが入れ替わっていたのもニクい仕掛けである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >