2017/12/30 14:30

【どついたるねん ライヴレポート】『どついたるねん シングル発売記念 渋谷クアトロ無料ライヴ 〜ガチ☆BOY〜』2017年12月20日 at 渋谷CLUB QUATTRO

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
 いつも思う。どついたるねんのライヴのラストに訪れるあの“終わり良ければ全て良し観”は何だろう?と。いろいろあったが最後は後光が射すようなハッピーエンドへと辿り着く。そこでは不思議な生命力やバイタリティーが沸き、 “明日も頑張ろう!”って気にさせてくれる。そして、この日も本編最後では、そんな気持ちを私に漲らせてくれた。

 どついたるねんがフリーライヴを渋谷クラブクアトロで行なった。メジャーデビューシングル「BOY」の発売日でもあった、この日は同シングル全曲を含め20曲の大判ふるまい。現6人での初お目見えにして、サウンド的にもだいぶタイトになった反面、メンバーが減った部分もきちんと補完し合う。そんな柔軟な形態も印象的であった。ドラムの浜公氣のグラップなビートから最新曲「BOY」にてライヴは口火を切る。作品以上にどっしりしてグルービー。躍動感も増した同曲。途中からは一変し疾走感が加わると、不思議な生命力が場内に満ちていく。他にも前半は上述のデビューシングルからの楽曲が多く放たれた。ダウンピッキングの疾走感が会場に勢いを寄与した「街」では作品以上のタイトさが味わえ、疾走8ビートJ-ROCK風な「おならぷーぷーセッション」ではZEN-LA-ROCKも作品同様にヴォーカルで飛び入り。ドスの効いたラップを切り込ませる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >