2018/01/08 18:00

問答無用でフルチャージできる宝塚の特効薬5選

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
「梅は咲いたか 桜はまだかいな」と端歌にもありますが、俗曲師の桧山うめ吉さん曰く、この歌に出てくる花はすべて女性の暗喩だそうです。うめ吉さんも出演された元日の末廣亭、本当に楽しかったです。桂歌丸師匠の休演を知った時は出入口で30分ほど立ち尽くしてしまいましたが、春風亭昇太師匠の化け物じみた「時そば」、自虐とメタ要素たっぷりの桂文治師匠の「掛取万歳」に抱腹絶倒でした。それはさておき、いよいよドラマ『越路吹雪物語』がスタートしました。宝塚歌劇団出身の伝説のスターを描く同作に、退団後もひときわ輝くOGの方々も登場されます。今回はヅカのヅの字も知らない自分に架空の友人が教えてくれた劇中歌の中から、一聴すれば歌詞もメロディーも完璧に覚えられるキラーチューンをご紹介しますので、みなさんこれで正月休み明けの鬱を蜂の巣にしてください。

■「PARADISO」(’12)/真矢みき

『ダンディズム!』を初めて観た時は「なんだこのグラマラスで夜の匂いがする軽薄な男は」と驚愕したものですが、その人こそ今や『ビビット』で朝の顔となった真矢ミキ様でした。ハスキーで鼻にかかった甘い声に、挑発的かつ華美な所作で、リアリティーを多分にはらんだ男性像を実体化し、“異端児”と呼ばれた真矢様。松本隆作詞、南佳孝歌唱・作曲のこの曲のカバーも、我が物とばかりに蠱惑的に歌いこなします。コールドファンクを纏ったビートロックの骨格はそのままなのですが、ハードボイルドで乾いた肌触りの原曲のヴォーカルとは打って変わり、もったいぶった歌声と斜に構えた眼差しが、滲んでぼやけたネオンのように濡れそぼった色香が艶かしく光ります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >