2018/01/12 18:00

70年代初頭、ロックギタリストとして不動の地位を築いたロリー・ギャラガーの名盤『タトゥー』

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
アイルランド初のロックスターとして、また記録よりも記憶に残る名ギタリストとして知られるロリー・ギャラガー。彼の音楽はブルースを基盤としながらも、ブリティッシュトラッドやカントリーまで多彩な音楽性を持っているのが特徴だ。熱いギタープレイのみで語られることが多いが、彼は何よりもソングライティングのセンスが抜群であった。95年に47歳という若さで亡くなってからは話題に上ることも少なくなっているが、今回紹介する彼の代表作のひとつ『タトゥー』は、パッションあふれるギターと数々の名曲が収録された名作であり、ロックファンなら聴いておくべき作品だろう。

■ハードロックの萌芽となるテイスト結成

1960年代の半ば、ロリー・ギャラガーはブルースやR&Bスタイルの曲をハードに演奏するスリーピースバンドのテイストを結成する。彼の素晴らしいギターワークはパブやクラブでオーディエンスの注目を集め、レコードデビュー前にもかかわらず地元アイルランドやイギリスで、ちょっとは知られたアーティストになっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >