2018/01/25 18:00

「臼井孝のヒット曲探検隊~アーティスト別 ベストヒット20」2018年限りで引退を発表した、安室奈美恵のベストヒット20を探る!

CD、音楽配信、カラオケの3部門からヒットを読み解く『臼井孝のヒット曲探検隊』。この連載の概要については、第1回目の冒頭部分をご参照いただきたい。ただし、今回の安室奈美恵からは2017年末までのデータを反映している。

■親しまれる“アムロちゃん”から リスペクトされる“アムロちゃん”へ

一時代を築いた女性ソロのスターたち。ある者は完全引退し、またある者は進化を捨てて“永遠のアイドル”に挑戦し続け、またある者は楽曲制作にシフトしていく。そんな中で安室奈美恵は、常に変わり続けていながらも、シーンのトップにいるイメージを保っているという驚異的な存在だ。しかし、その光の部分が鮮やかに見える彼女なだけに、下積みや低迷期といった影の部分も、他のスターよりも多いように思える。その遍歴をざっと振り返ってみよう。

まずは、5人組アイドル・グループ“SUPER MONKEY'S”としてWタイアップシングル「恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.」で華々しくデビューするも、オリコン最高29位を頂点とした下積み時代。次に、ユーロビートカバー路線で一気にブレイクし、さらに小室哲哉プロデュース作品で“アムラー”現象まで引き起こすことになった95年~97年、そして突然の妊娠・結婚発表(当時は号外まで撒かれましたっけ)を経て、98年に出産し、その後、小室哲哉作品で復活するもセールスが休業前には及ばず、やがて別の作家を起用するも低迷し続けた98年~02年。これ以降は懐メロ中心のLIVEをすることで、かろうじて延命化していくというのが通常の女性スターで、それでも十分幸せな転進となろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >