2018/01/26 18:00

ブリティッシュロックの最高峰として今も君臨する『レッド・ツェッペリン II』

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
1969年にリリースされ、ブリティッシュロック界の至宝とされるのがレッド・ツェッペリンのデビュー作『レッド・ツェッペリン I』と2ndアルバムの『レッド・ツェッペリンII』である。どちらも極めて優れたアルバムで、1年の間に2枚の秀作をリリースするという彼らの才能には驚愕するばかりだが、特に2作目の『レッド・ツェッペリン II』は、デビュー作の成功で長期のツアー生活を余儀なくされた中で制作されたにもかかわらず、ライヴの熱狂が乗り移ったかのような圧倒的なグルーブ感と、後のハードロックやヘヴィメタルのプロトタイプがぎっしり詰まった稀有な名盤である。

■2007年のアメリカ音楽で

今から10年ほど前、ツェッペリンのリードヴォーカリストのロバート・プラントは、アメリカブルーグラス界のスーパースターであるアリソン・クラウスと組んだデュエットアルバム『Raising Sand』(‘07)でグラミー賞を獲得している。プラントは年齢のためか、ツェッペリン時代のハリのある高音ではなく、低音の語るような歌い方になってはいたが、とても味わい深いシンガーに変貌していたのが印象的であった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >