2018/01/30 11:00

SUPER★DRAGON古川毅、映画『兄友』で“ドSなイケメン”演じる

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
SUPER★DRAGONの古川毅が、映画『兄友』でスクリーンデビューを果たした。古川が演じるのは、ドSイケメンの七瀬雪紘。イケメンなのに女性に超奥手な友人・西野壮太(横浜流星)が、イマドキの恋愛ができない素朴な妹・七瀬まい(松風理咲)と出会い恋に落ちたことを知り、ウブすぎる2人の恋物語を呆れながらもちょびっとだけ手助けするという役どころだ。

原作は『花とゆめ』にて赤瓦もどむが連載している人気同名漫画で、現在7巻まで発売されている。今春公開予定の映画に続いてドラマ化も決定しているので、こちらも併せてチェック!

■【古川毅 コメント】

出演が決まった時は、演技経験もほぼ無かったですし、映画も初出演だったので、純粋に楽しみな気持ちと、珍しいくらいの緊張が交差していました。
雪紘は原作ファンの方々に人気のキャラクターだと聞いたので、選ばれた時は「僕でいいのだろうか?」という不安も少々感じていたのですが、あのドSな所も、時々垣間見せる妹思いな所のギャップも、演じていく中で凄く楽しいキャラクターでした。
その雪紘の魅力を原作ファンの方々にも、そして原作ファン以外の方々にもしっかり伝えようという気持ちで演じたので、ぜひ、暖かい目で観て頂けると幸いです。

■【中島監督 コメント】

彼は今回、映画初出演ということでしたが、最初は緊張もあって、何度も撮影をしました。しかし次第に慣れてきて、アドリブを連発して現場を爆笑させるなど現場のムードを作ってくれました。彼の演技で注目して欲しいのはドSな笑いとツッコミです!

【関連リンク】
SUPER★DRAGON古川毅、映画『兄友』で“ドSなイケメン”演じる
SUPER★DRAGONまとめ
Charisma.com、活休前のラストライブは真っ白な棺桶で登場!?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >