2018/01/31 18:00

『PRESENCE』に見るHR/HMからの超越、次世代バンドならではのPRESENCEの存在感

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
1月は1980年代の関西HR/HMシーンを彩ったバンドたちの名盤を紹介してきた本コラム。EARTHSHAKER、44MAGNUM、NOVELAと続けてきたが、今週はPRESENCEの登場である。先輩バンドたちと同じく、HR/HMジャンルでは国内屈指のライヴハウスであったLiveHouse Bahamaで腕を磨いたテクニックと、メンバーのルックスの良さで、彼らもまた日本の音楽史にその名を刻むバンドであることは間違いない。デビュー作『PRESENCE』から彼らの特徴を探る。

■関西HR/HMシーンの次世代バンド

PRESENCE は1982年結成、1987年デビュー。先週紹介したNOVELA(1980年デビュー)やEARTHSHAKER、44MAGNUM(ともに1983年デビュー)と同じく関西HR/HMシーン出身で、それら先達に続いた世代の代表格と言える。デビュー時のメンバー、西川“SHIGERU”茂 (Vo)、白田“RUDEE”一秀 (Gu)、恩田“RADY”快人 (Ba)、岡本“HIBARI”浩明 (Dr)はみんな昭和40年前後の生まれで、年代的にも先輩たちの少し下の世代に当たる。結成直後はなかなかメンバーが固定せず、一時期は5人編成のこともあったそうだが、1984年には上記4人となり、インディーズながらメジャーバンドにも負けない動員力を誇っていたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >