2018/02/01 17:00

THEイナズマ戦隊、結成20周年記念ツアー東京公演が大盛況! “いつまでも夢を見させてくれてありがとう!”

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
結成20周年を記念した初47都道府県ツアーを実施中のTHEイナズマ戦隊が、最新アルバム『PUMP IT UP!』のレコ発ワンマンライヴを1月24日(水)に東京・渋谷WWWで行なった。

20周年にふさわしいSEの「20TH CENTURY BOY」(T.REX)が鳴り響く中、山田武郎(Gt)のイントロから「That's so great!!」でライヴがスタートすると、早くも持ち前の“雑草”魂を発揮! 上中丈弥(Vo)の“ロケンロー”でフロアからは歓喜の拳が上がり、続けて山田の熱いギターソロ、上中のブルースハープへ繋がれたら、一気にハートを鷲掴みにされてしまう。イナ戦らしいズッコケ男道感あふれる「突っ張り大一番」、中田俊哉(Ba)と久保裕行(Dr)がハネるリズムを繰り出すダンサブルな「ジタバタダンス」。確かなキャリアを伝えながらも清々しさが勝る、そんなステージを軽やかに見せていく。

「うんうん、いいよ! すごくいいと思うけど、ちょっと前に出すぎちゃう? ギターソロ弾いてる武郎にスポット当たってんのに、絶対おかしいって! お前んとこ、真っ暗だったもん! 俺らもう1200本くらいライヴやってるんだからさ、わかろうぜ(笑)」と、最初のMCで上中が中田をイジって場の空気を和らげるあたりもさすが。「ま、こんなズッコケたTHEイナズマ戦隊ですが、どうぞよろしくお願いします!」とあらためて挨拶したあとは「赤い命が燃えている」のラテンビートで加熱し、“一日一歩を重ねてく 勇敢な人生だろ”の歌詞で会場いっぱいに笑顔があふれ出す。お客さんたちが元気になっている。そのさまが目に見えてわかる。こういうライヴは観ていて気持ちがいい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >