2018/02/02 18:00

デレク&ザ・ドミノズ結成のきっかけとなったライヴ盤の傑作がデラニー&ボニー&フレンズの『オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン』だ

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
本作『オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン』は、エリック・クラプトンのソロデビュー作『エリック・クラプトン』(‘70)、ジョージ・ハリスンのソロデビュー作『オール・シングス・マスト・パス』(’70)、デイブ・メイスンの『アローン・トゥゲザー』(‘70)、ジョー・コッカーの『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』(’70)等と参加メンバーがほぼ同じで、デラニー&ボニー&フレンズにクラプトンがゲスト参加したかたちで録音されたイギリスツアー時のライヴ盤である。ライヴならではの臨場感と熱気が十分に感じられるロック史に残るアルバムのひとつである。

■ジョージ・ハリスンと エリック・クラプトン

ザ・バンドが1968年にリリースしたデビュー作『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』はロック史上最高のアルバムの一枚であり、このアルバムに大きな影響を受けたのがブリティッシュロッカーのエリック・クラプトンとジョージ・ハリスンである。ザ・バンドに骨抜きにされたクラプトンはクリームを解散し、スワンプロック志向のブラインドフェイスを結成するものの、メンバー間の軋轢やツアーの疲労もあって、アルバムを1枚リリースしただけで空中分解し、アメリカに渡る。一方、ジョージ・ハリスンも解散寸前のビートルズのストレスから癒やしを求めて、レオン・ラッセルやデラニー&ボニーのメンバーとソロアルバム『オール・シングス・マスト・パス』の制作をスタートする。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >