2018/02/08 18:00

解散の激震から1年余、 SMAPのベストヒットを探る!「臼井孝のヒット曲探検隊 ~アーティスト別 ベストヒット20」

CD、音楽配信、カラオケの3部門からヒットを読み解く『臼井孝のヒット曲探検隊』。この連載の概要については、第1回目の冒頭部分をご参照いただきたい。ただし、前回の安室奈美恵からは2017年末までのデータを反映している。

■不遇な時代を送った デビュー当時

2016年12月31日、多くの音楽ファンから惜しまれつつも解散したSMAP。その直前となる12月21日に発売された3枚組ベストCD『SMAP 25 YEARS』は、累計約120万枚のセールスを記録し、あらためて国民的なアイドル・グループであることが示された(ちなみに、同年12月28日発売の全シングルの映像をまとめた『Clip! Smap! コンプリートシングルス』も約50万枚の売上で、さらにベストCDがレンタルにも出荷されていることを考慮すれば合計200万枚規模のヒット現象が起こったと言える)。

そんなスーパー・グループの音楽面における遍歴を辿ってみたい。彼らは1991年9月9日(←この影響からか、彼らの96年までの6人組時代は、ゾロ目発売日が非常に多い)にシングル「Can't Stop!! -LOVING-」でデビューするも、当時はバンド・ブームやシンガーソングライターのドラマ主題歌などによる大型タイアップなどでメガヒットを飛ばしていた煽りを受け、アイドルの人気はいわゆる“氷河期”に突入していた。より正確には、3M(宮沢りえ、観月ありさ、牧瀬理穂)と呼ばれる3人のタレント活動は大盛況だったし、小泉今日子や中山美穂などドラマ主演と主題歌を兼ねたアイドル出身の女性歌手はサバイブしていたのだが、音楽主体の作品となると大きなヒットはなく、SMAP自身も、80年代に少年隊、光GENJI、男闘呼組と華々しくオリコン1位を連発してきたジャニーズ勢の後輩としてデビューした影響は薄く、シングルがTOP10に入るのがやっとという状況が続いていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >