2018/02/21 18:00

『世良公則&ツイスト』はロックを世に広めた日本音楽史上最大のブレイクスルー作品

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
正式なプロデビューが1978年だというから、今年デビュー40周年となる世良公則&ツイスト。『ザ・ベストテン』や『夜のヒットスタジオ』といったテレビの歌番組の全盛期に見事に乗ることで、日本の音楽シーンにロックを知らしめた先駆け的な存在として、今以上に高く評価されていいバンドである。デビューアルバム『世良公則&ツイスト』を当時の時代背景とともに振り返る。

■シーンを支えるアーティストたちが 影響を公言

去る2月12日、TBS系で放送された『歌のゴールデンヒット -青春のアイドル50年間-』を観た。昭和を代表する…いや、日本の芸能史にその名を刻む歌番組『ザ・ベストテン』のアーカイブスを有するTBSだけに、とある世代にはたまらない映像のオンパレードだった。6年振りに再稼動したピンク・レディー。スタジオゲストだった80年代のアイドル黄金時代の面々。自身初となる司会になった広末涼子のデビュー当時の姿。観どころは無数にあったのだが、個人的に惹かれたのは世良公則&ツイスト、Char、原田真二の所謂“ロック御三家”の演奏シーンだった。とりわけ世良公則&ツイストは、(これまたテレビ番組の話で恐縮だが)昨年末、NHKで放送された『The Covers』“ROOTS66”出演回でカバーされていた「銃爪」を興味深く観聴きしたこともあったので、改めて彼らの歴史的意義を噛み締めてしまったところだ。ちなみに、ご存知の方も多かろうが、“ROOTS66”とは、1966年生まれのアーティストによる音楽集団。大槻ケンヂ、増子直純(怒髪天)、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、斉藤和義、スガ シカオ、トータス松本(ウルフルズ)らが参加しており、昨年、アニメ『おそ松さん』のエンディングテーマ曲「レッツゴー!ムッツゴー!~6色の虹~」を手掛けたのが彼らだ。世良公則&ツイストは、そんな日本のロックシーンを支えるアーティストたちがその影響を公言するバンドである。彼らがいなかったら、今の日本のロックシーンはなかった…とは言わないまでも、今とは相当かたちを変えていたといっても決して過言ではない存在だと思う。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >