2018/02/22 12:00

androp、アルバム『cocoon』収録曲「Memento mori with Aimer」でAimerと再びコラボレーション

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
andropが3月7日(水)にリリースする、オリジナルとしては約3年ぶりとなるニューアルバム『cocoon』の12曲目が解禁となった。今回発表されたのは「Memento mori with Aimer」(読み:メメント モリ ウィズ エメ)。同曲には、1月21日(水)にニューシングル「Ref:rain / 眩いばかり」を発売したばかりのAimerが参加している。

andropとAimerといえば、2016年9月に発売されたAimerのアルバム『daydream』に収録されている「twoface」「カタオモイ」を内澤崇仁(Vo&Gu)が提供・プロデュース。「カタオモイ」は歌詞検索サイトで今なお上位に入っているほか、LINE MUSICのウィークリーチャートで今もTOP20に入るなど、長く多くの人に愛される楽曲となっている。その2組が約1年半ぶりに、再びコラボレーションすることとなった。

「Memento mori with Aimer」には、大きく2つの注目すべきポイントがある。1つ目は構成が特徴的なところ。1番・2番の歌詞がそれぞれ、冬から始まり、春、夏、秋と四季を綴っており、曲中に描かれる2人は2つ目(2番)の季節を迎えたところで感情に変化が訪れる。まるで一編のショートムービーを観るかのような叙情的なストーリー性の高い1曲に仕上がった。その結果、この楽曲は8分44秒もの長さの壮大な楽曲になっている。2つ目はスピーカーのL(左)、R(右)が全く別の演奏(トラック)となっていること。Lには内澤、RにはAimer、2人がそれぞれに違うアングルの歌詞を同時に歌っていて、その2曲を同時に聴くことで1つのストーリー(楽曲)が完成するという構成となっている。ヘッドホンやイヤホンで聴く人は1度通して聴いた後に、それぞれを単独で聴くのもまた違う楽しみになるだろう。壮大さの中にある儚さを歌うにはぴったりの2人の歌声は必聴の価値あり! 「カタオモイ」とはまた違った形での2組のコラボレーションに注目だ。同曲は、2月22日(木)よりラジオなどで楽曲が解禁されているので、ぜひチェックしたい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >