2018/02/24 17:00

THE BOHEMIANS、ツアーファイナルでベスト盤リリースを発表

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
THE BOHEMIANSが2月23日、下北沢GARDENにて昨年12月6日に発売されたアルバム『DELICIOUS』の全国ツアー『Winter Delicious Long Tour 2018』のファイナル公演を行った。

SEに乗りメンバーが登場すると会場からは早くも大歓声が上がる。イントロの途中で平田ぱんだ(Vo)がステージに飛び出し、ピアノの音色が印象的な「恋はスウィンギン・イン・ザ・レイン」からスタート。 のっけから「THE ROBELETS」「GIRLS(ボーイズ)」といったライヴでは定番のナンバーを連発。序盤からフルスロットルのセットリストが並ぶ。

「ここからは12月に出たアルバム『DELICIOUS』からやります。まずはその中でも一番いい曲を」というMCから始まった「ポーラ」。そこから続けて新譜4曲を披露。 その後は1stアルバム『I WAS JAPANESE KINKS』より「お気にのチェルシー」「麗しのグッドルッキングガイ」2ndアルバム『憧れられたい』から「王国の謎」といった、久しぶりのナンバーを演奏。 「0.1」「THE LENS」からボヘミアンズの楽曲の良さが光るミディアムナンバー「ロミオ」へ。ミラーボールが光る中、丁寧に優しく歌う「君は一人じゃないよ 君は一人しかいないよ」という言葉が、今日はいつもよりグッと心に響いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >