2018/02/26 17:30

小沢健二デザインの巨大広告が渋谷と梅田に登場

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
小沢健二がデザインした巨大柱巻12本が渋谷駅および梅田駅の2月26日から掲出される。

渋谷駅の柱巻には春に行なわれる小沢のツアー『春の空気に虹をかけ』になぞらえて、ミステリアスなデザインで“春”“空”“虹”の3 文字が並ぶ。なお、ツアータイトルは最新シングル「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」の歌詞<日比谷公園の噴水が春の空気に虹をかけ/神は細部に宿るって君は遠くにいる僕に言う/僕は泣く>に由来している。

12本の柱巻では1996年に撮影された小沢の写真がライトアップされ、渋谷の雑踏に浮かび上がる。昨年12月に「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」の歌詞が先行発表されて以来、小沢のアーティスト写真には一貫して20年以上前の写真が使われているが、この柱巻では「アルペジオ」の歌詞の中で「小沢くん、インタビューとかでは何も本当のこと言ってないじゃない」と自嘲的に描写される90年代の小沢健二が、小沢自身の手によって2018年の渋谷に“帰還”したようにも見える。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >