2018/03/05 18:00

クミコ、原点のシャンソニエにて新曲「最後だとわかっていたなら」を披露

約70人の熱烈なファンで満席の中、シャンソンのカバー曲から「サントワマミー」「愛の讃歌」、ヒット曲「わが麗しき恋物語」、松本隆作詞によるプロジェクト「クミコwith風街レビュー」によるアルバム『デラシネ』から「フローズン・ダイキリ」、それに新曲「最後だとわかっていたなら」など全10曲を熱唱。新曲についてクミコは『私の親が90歳になったので、人の最後がよく見えるようになってきました。いままでは人の最後を見据えることもなく生きてきましたが、ここ最近はリアルに感じるようになったので、この歌は私自身の救いにもなりつつあります。最後だとわかっていたらもうちょっとやさしい言葉がかけられるんだと、いまはそう凌ごうと思っています。まさしくいまの私の状況に合った作品です』と話していた。

この日のライブには、同詩集と新曲の日本語訳を手がけた佐川睦も駆けつけた。佐川はアメリカ人の女性が10歳の息子を亡くし、その悲しみの思いを綴った詩が、9・11同時多発テロの追悼集会で朗読され、大反響を呼んで世界中に拡散。その詩の素晴らしさに感動し、著者の許可を得て和訳したそうだ。その訳詞者である佐川はクミコの歌を聴いて『この詩を読んで、自分が前向きになろうとか、まわりの人たちに思いを伝えていこうというのと同じようなそのときに感じた前向きさ、温かさを感じました。クミコさんの声がやさしくて温かくて、すごく感動しました。クミコさんの歌によってこの詩がより多くの方々にきたらうれしいですね』と感想を述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >