2018/03/09 18:00

猛烈なシャウトと奇妙なパフォーマンスでジョー・コッカーの名を一気に世界レベルにしたライヴ盤『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
1970年3月27日&28日、フィルモア・イーストでレコーディングされた本作『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』は、ジョー・コッカーの名を世界的に広めたライヴ盤の傑作である。かつてアメリカの人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライヴ』で、怪優ジョン・ベルーシが物真似をして受けまくっていた本家がこれだ。コッカーのパフォーマンスは映像を観なければ分からないが、このライヴツアーはドキュメンタリー映画としても公開され、今ではDVDもリリースされているので、コッカーの不思議な動きを観てベルーシの物真似がいかに上手いかチェックしてみてほしい。

■60s後半から70s前半にかけての スワンプロックの流行

イギリスを代表する名ロックヴォーカリストのひとり、ジョー・コッカーは長い下積みを経て69年にビートルズの「ウイズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」のカバーで全英1位を獲得する。同年、アメリカで行なわれた『ウッドストック・フェス』への参加もあって、世界的な知名度を得るまでになるわけだが、彼の奇妙なパフォーマンスとパワフルなシャウトは、ロックシンガーとして文句なしのカリスマ性があった。レイ・チャールズに影響された彼の泥臭い音楽性はゴスペルとR&Bをミックスしたスタイルで、その頃アメリカで活躍していたスワンプロッカーのデラニー&ボニーと類似した音楽性を持っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >