2018/03/15 18:00

平成の歌姫、浜崎あゆみの ヒットを探る「臼井孝のヒット曲探検隊 ~アーティスト別 ベストヒット20」

CD、音楽配信、カラオケの3部門からヒットを読み解く『臼井孝のヒット曲探検隊』。この連載の概要については、第1回目の冒頭部分をご参照いただきたい。ただし、前回の安室奈美恵からは2017年末までのデータを反映している。

20世紀から21世紀に変わる頃、CD市場全体が右肩下がりになっていく中で、それを感じさせぬ勢いで売れ続けたのが、浜崎あゆみと宇多田ヒカルの2大女性ソロだ。特に浜崎の場合は、最も多い年には7枚のシングル、さらにそれらを収録したオリジナルアルバム、ミュージックビデオやライヴを収録した映像ソフト、さらにはユーロビートからクラシックに至るまで様々なリミックスアルバム(2015年までになんと27作!)と、膨大な量の音楽作品をリリースし、2000年代の音楽市場を大きく支えてきた。

■キッズモデルや女優などの活動を経て アーティストに転身

そんな浜崎は1978年福岡県生まれで、それ以前からキッズモデルを経て女優からグラビアまでこなすマルチタレントとして活躍していたが、約1年間の充電期間を経て、1998年4月8日、シングル「poker face」で再スタートした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >