2018/03/24 15:00

吉澤嘉代子、バンド編成で駆け抜けた春ツアーが幕&新曲リリース決定

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
吉澤嘉代子が3月22日、恵比寿LIQUIDROOMにて春ツアー『ウルトラスーパーミラクルツアー』のファイナル公演を開催した。

バンドマスター・キーボードに横山裕章を迎え、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S / B)、伊藤大地(D)、 尾崎博志(Gt)、湯本淳希(Tp)、加藤雄一郎(Sax)のメンバーで、名古屋、大阪、東京の3都市を巡った春ツアーは、全公演ソールドアウト。

この日のライヴは「ストッキング」からスタート。「ユキカ」、「綺麗」、「手品」と軽快な楽曲が続く。 「舞台は異国の城下町、普段は目立たない町娘が真夜中に女怪盗に変身する物語です。どこにも収録していないウルトラスーパーミラクルバージョンでお届けします」 というMCに続いて、「怪盗メタモルフォーゼ」を披露。

「今日演奏する曲は、全曲、私が最高に愛している曲をお届けします。これを歌っていると幸せだなっていう曲です。 ここからは物語が物語めいている曲の導入ということで、市民プールが私だけの海になってしまうという曲をお届けします」と紹介されたのは、 ツアーメンバーのハマ・オカモトがサウンドプロデュースした「ユートピア」。「化粧落とし」、「地獄タクシー」、「えらばれし子供たちの密話」、「シーラカンス通り」など、吉澤の真骨頂と言える、物語性の高い楽曲が次々と披露。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >