2018/03/29 18:00

「臼井孝のヒット曲探検隊~アーティスト別 ベストヒット20」国民的アーティスト、宇多田ヒカルのヒットを探る

CD、音楽配信、カラオケの3部門からヒットを読み解く『臼井孝のヒット曲探検隊』。この連載の概要については、第1回目の冒頭部分をご参照いただきたい。ただし、第5回の安室奈美恵からは2017年末までのデータを反映している。

■全世代が新曲を期待している 数少ないアーティスト

ここ数年、各リスナーが好んで聴く音楽の範囲がますます限られたものになっている気がする。若年層は若年層だけで、高年層は高年層だけで好きな音楽を楽しみ、さらにSNSを活用することにより、アイドル、アニメ、K-POP、ビジュアル系など特定のジャンルのみを深く楽しむ傾向も強くなっているようだ。もちろん、どんな形であれアーティストや音楽を応援するのはとても素晴らしいことで、それはさまざまな文化の発展にも繋がることだろう。しかし、誰もが知る“ヒット曲”が生まれるかどうか、というのはまた別の問題だ。

その中で、宇多田ヒカルは、全世代が今でも新曲を期待している数少ないアーティストの一人ではないだろうか。彼女の音楽性については何冊もの評論本にされるほど興味深く、短いコラムでは語り切れないだろうから、ここではざっくりとヒット曲の変遷を中心に見ていきたい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >