2018/03/30 18:00

フュージョンの代表作品として今もなお輝くジョージ・ベンソンの『ブリージン』

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
1976年はポピュラー音楽界にとって大きな転換点とも言える年である。ロック界ではイーグルスの『ホテル・カリフォルニア』やピーター・フランプトンの『カムズ・アライブ』などのメガヒット作が現れ、ボズ・スキャッグスの『シルク・ディグリーズ』は、後に結成されるTOTOをバックにしたAORの先駆け的な作品をリリースしているし、最初期のパンクロッカー、ラモーンズのデビュー作も同じ年なのだ。ジャズ界でも同じような転換期を迎えており、この年、スタッフ、リー・リトナー、アール・クルーらがデビュー、それらはフュージョン(当時はクロスオーバー)と呼ばれ人気を博した。中でも、ジャズギタリストとして評価の高かったジョージ・ベンソンがリリースした本作『ブリージン』は大きな話題となり、フュージョンを代表する名作として今もなお愛され続ける傑作である。

■ジャズロックとソウルジャズ

そもそもフュージョンが生まれる前にも各ジャンルを融合(フュージョン)させた音楽は、60年代から存在していた。ロック界でよく知られたものではジャズロックがある。ソフトマシーン、グレアム・ボンド、イフ、ブライアン・オーガーといったアーティストたちがやっていた音楽をジャズロックと呼んでいたのだが、それらはイギリスのグループが中心で、どちらかと言えばジャズ寄りのプログレッシブロックを指すことが多い。サウンドは難解な場合が多く、少数のマニアックなファンが熱狂するにとどまっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >