2018/04/01 12:00

超特急が『東京ガールズコレクション』のランウェイに出演

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
超特急が3月31日に横浜アリーナで開催された『マイナビpresents 第26回 東京ガールズコレクション2018 SPRING/SUMMER』にモデル出演した。アリーナ中央に大きく突き出たランウェイを6人そろって闊歩し、いつものパッションあふれるライブステージとは一味違う新鮮なパフォーマンスと、超特急らしいフレンドリーな演出で客席にペンライトの花を咲かせた。国内最大級のファッションフェスタとして年に2回行われている『東京ガールズコレクション』への出演は、2016年の9月以来2年ぶり2度目となる超特急。だが、ライブを挟まずに純粋にモデルとしてのパフォーマンスのみで魅せるのは今回が初めてということで、大きな注目が集まっていた。

数々のショーやライブが繰り広げられ、熱気高まるイベントもクライマックスに差し掛かったころ、彼らが登場したのは10代から20代に人気のカジュアルブランド『WEGO』とのコラボステージ。4月4日に発売される新曲「a kind of love」のイントロが突如鳴り響き、スモークの中からスポーティーなスタイルに身を包んだ6人が超特急ポーズで現れると、客席を埋め尽くす観客から大きな歓声が湧く。そして中央からタクヤ&ユーキ、リョウガ&ユースケ、カイ&タカシと二列に並び、にこやかにランウェイを進み出る6人の姿は余裕たっぷり。トレーナーにパーカー、デニムにトラックパンツ等、デイリーユースに最適なカジュアルアイテムも、彼らが身に着けると最新のトレンドに映るから不思議だ。ペンライトを振る客席に手を振り返しながら、一方でランウェイ先端のステージでは「a kind of love」の曲中で見せるコミカルなキメポーズも披露し、最後は客席にWEGOのアイテムを投げ込んでからランウェイを戻って、再びの超特急ポーズで一礼。ライブと違って一言も発することはなかったが、爽やかな楽曲とファニーな動き、笑顔とオーラで超特急ならではの存在感を示した貴重なステージだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >