2018/04/05 00:15

超特急、チャレンジ満載のFCツアーイベントが終幕

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
ニューシングル「a kind of love」を発売した6人組メインダンサー&バックボーカル・超特急が、リリース当日の4月4日にファンクラブツアーの最終日を東京・Zepp DiverCityで開催した。通常のライブに加えて運動会にビンゴ大会、質問コーナーとファンクラブイベントならではのスペシャルな企画に、8号車(超特急ファンの呼称)で埋め尽くされた客席も熱狂。さらに初めてのバンド演奏も披露し、“僕らの挑戦を見届けてツアー legend for days"というタイトルに相応しいチャレンジ満載のステージで、3 都市4公演8000人の8号車と共に超特急への愛と未来を確かめ合った。

3 月に名古屋と大阪を回り、東京公演の2日目となったこの日は、幕が落ちるとお揃いの制服に身を包んだ6人が楽器を携えて登場。2号車・カイがエレキギター、3 号車・リョウガがベース、4号車・タクヤがキーボード、5号車・ユーキがドラム、7号車・タカシがアコースティックギター、そして6号車・ユースケがボーカルという編成で、なんと「Clap Our Hands!」をガチで生演奏してみせる。見事な6人のプレイに歓声をあげる8号車の手拍子を受け、続いて贈られたのは昨夏の主催イベントで共演したゴールデンボンバーの「女々しくて」。ドラや太鼓、トライアングル等を自由に鳴らしながら全員で交互に歌い踊り、間奏ではポンポンを持ってチアダンスというハチャメチャっぷりに、場内は頭から大盛り上がりだ。ちなみに白を基調にそれぞれのイメージカラーをあしらった制服風衣装はカイのプロデュースで、テーマは「あったらいいな。こんな学校」とのこと。さらにバンド演奏はタクヤの意見が採用されたとのことで、メンバー発信でライブを創り上げていこうという彼らの姿勢が、こんなところからもうかがえる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >