2018/04/17 12:30

日比谷野音にて開催の『フレンズのフレンズ大集合!』が大成功!

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
フレンズが4月14日(土)、日比谷野外大音楽堂にて『フレンズのフレンズ大集合!〜日比谷野音でコラボ祭〜』と題したライブを開催。その名の通り、フレンズのメンバーがつながりのあるミュージシャン仲間(フレンズのフレンズ)に呼びかけ、フレンズのオリジナル曲でコラボレートするというライブだ。すでにメンバー各々の他の活動を知らない人もフレンズの曲の良さやキャッチーさ、ライブの楽しさの噂を聞きつけ、ファンが増殖している中、今回は“フレンズが素敵なミュージシャンをファンに紹介したい!”という趣旨でこのライブを実現したことは、フレンズがどんどん前進していることを実感させて頼もしい。楽しいことは全部やらなきゃ気が済まない!そんな声が聞こえてきそうな、いかにもフレンズらしいお祭りなのだ。

心配された雨も開演頃には傘がいらないほどの霧雨に。それでも各自レインウェアを着込んで、ライブを楽しむ気満々のオーディエンスもまた頼もしい。定刻に場内の照明が暗くなり、オレンジで揃えた衣装でメンバーがゲートから勢いよく登場。東京の夜に滑り出すように「ビビビ」でスタート。早速、《恋じゃない?》への“イエーイ!”のレスポンスが起こり、おかもとえみ(Vo)の“こんなもんじゃないよね?”という煽りに客席の声も大きくなり、早くも一体感が生まれた。1曲終えると、早速最初のゲストを紹介。SEKIGUCHI LOUIE(Dr)と長年の友達である山崎正太郎(Dr / Czecho No Republic)、そして先週フレンズも参加し成功裡に終わった『YON FES』を主宰する04 Limited SazabysからギターのHIROKAZとRYU-TAが参加。「夏のSAYにしてゴメンネ▽」という、コード・ストロークが気持ちよいナンバーをトリプルギターで届ける。さらにおかもとの友達である関取花(Vo)が呼び込まれ、1st.EP『ベッドサイドミュージックep』から、「Hello New me!」を高音に伸びのある女子二人の声で牽引。ひろせをセンターに、自由に踊り歌うおかもとと関取花の佇まいは2018年版PUFFYのような自由な可愛さだ。また、曲中で山崎のドラムソロを挟んだりギター3本のユニゾンなど、見所も満載。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >