2018/04/23 21:30

Yogee New Waves、アジア3カ国を含めた全国ツアーの新木場公演が大盛況にて終了

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
最高気温が26度を超えるなど、まさかの夏日となった2018年4月20日。Yogee New Wavesのワンマンライヴが東京・新木場STUDIO COASTで開催された。筆者は開場の18時ころから約30分後に到着したが、すでにフロアは大入り。場内BGMでは、坂本慎太郎のサイケ・ソウルやムーディマンの埃っぽい質感を持ったディープ・ハウスなどが流れ、心地よいチルな空間のなか、観客はそれぞれ談笑したり身体を揺らしたりしている。

予定時間を少し過ぎた19時15分頃、YogeeのライヴSEではおなじみのマッドリブ「Stormy」が流れ、メンバーが登場。ドラムスの粕谷哲司、ギターの竹村郁哉、ベースの上野恒星、フロントマンの角舘健悟の順に出てくると、1曲目に演奏されたのは「World is Mine」。まずは角舘の歌声のみでいきなりフロアーを掌握し、相次いで“ヨロシク”と放つやいなや、オーディエンスも大歓声で応える。2ビートの跳ねたロックンロール・チューンにいきなりライヴはダンス・パティ―に変貌。続いて演奏された「Fantasic Show」で、角舘は彼のチャームのひとつでもあるエルヴィス・プレスリー風のステップを披露。筆者は2階席からこの日の公演を観ていたのだが、カラフルにめかしこんだ若者たちが、思い思いに踊っている光景は、幸福感に溢れていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >