2018/05/17 18:00

デヴィッド・ボウイ、70'sのライヴ音源やスタジオ音源3作品を輸入盤で発売

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
常に時代の先端を走り続け、時代を開拓し続けてきた伝説、デヴィッド・ボウイ。彼が1978年から1982年の間にレコーディングしていたライヴ音源やスタジオ音源を収録した3作品が、6月29日にリリースされることが明らかとなった。

1978年から1982年の間に、ボウイは名盤との呼び声も高い2枚のオリジナル・スタジオ・アルバム『ロジャー』と『スケアリー・モンスターズ』をリリース、1978年に発表された2枚組ライヴ・アルバム『ステージ』としても記録されることとなった大規模なワールド・ツアーも行っており、さらには映画やテレビ番組用のプロジェクトも手掛けていた。今回、そんな多作な時期を振り返るべく、レーベル・Parlophoneから3枚の作品がリリースされることとなった。それが、CD/デジタルで発売となる『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)(原題:WELCOME TO THE BLACKOUT (LIVE LONDON '78))』と、実店舗での限定発売となる『クリスチーネ・F〜麻薬と売春の日々〜(原題:CHRISTIANE F. - WIR KINDER VON BAHNOFF ZOO)』、『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール(原題:DAVID BOWIE IN BERTOLT BRECHT'S BAAL)』の2枚のアナログ・リイシュー作品だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >