2018/05/18 11:45

ネオ・フォーク系のパイオニア、ゆずのヒットを探る「臼井孝のヒット曲探検隊 ~アーティスト別 ベストヒット20」

CD、音楽配信、カラオケの3部門からヒットを読み解く『臼井孝のヒット曲探検隊』。この連載の概要については、第1回目の冒頭部分をご参照いただきたい。ただし、第5回の安室奈美恵からは2017年末までのデータを反映している。

■人気が急増し、 定期的な路上LIVEを終了させることに

ゆずは、1998年にメジャーデビューし、ブレイク当時はネオ・フォーク・デュオと呼ばれた。リーダーの北川悠仁(1977年生まれ)とサブリーダーの岩沢厚治(1976年生まれ)は、横浜市の同じ小学校・中学校に通う同級生で、1996年ごろにデュオを結成し、路上LIVEを開始させたという。

まもなく現在も所属するレコード会社、トイズ・ファクトリーの関係者の目に止まり、JUN SKY WALKER(S)を脱退し、その後同社からソロデビューしていた寺岡呼人のプロデュースにより1997年にインディーズにてミニ・アルバム『ゆずの素』を発売、さらに翌年2月21日にはミニ・アルバム『ゆずマン』にてメジャーデビューを果たした。同年夏に発売した1stシングル「夏色」以降、人気が急増し、この年に定期的な路上LIVEを終了するほどに。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >