2018/05/25 18:00

パロディーにもかかわらず“熱いソウル”を聴かせたブルース・ブラザーズのデビュー盤『ブルースは絆』

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
今年はブルース・ブラザーズ結成40周年にあたる。結成当初はアメリカの人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』での、ほんの軽いパロディーのつもりだったのだと思う。今の日本で言えば、お笑い芸人の友近が演じる架空の大御所演歌歌手、水谷千重子に似た感じである。しかし、当時大人気のコメディアン、故ジョン・ベルーシとダン・エイクロイドのふたりは、続けるにつれて本気モードに突入していく。本作『ブルースは絆(原題:The Briefcase Full of Blues)』は彼らのライヴの模様を収めたデビュー盤で、バックにサザンソウルやブルースの一流ミュージシャンを従え、乗りに乗ったヴォーカルとMCを熱く聴かせる。このアルバムの真剣さが評価されたのか、80年には映画『ブルース・ブラザーズ』が製作され、世界中でヒットした。

■『サタデー・ナイト・ライブ』

今の若者がアメリカのお笑い番組『サタデー・ナイト・ライブ』を観たら、どう言うのかは分からないが、70年代後半から80年代にかけて日本でも部分的に放送されていた。この番組に出ることはスターへの道であることは間違いなく、ブルース・ブラザーズのふたりをはじめ、スティーブ・マーティン(サボテン・ブラザーズ)、チェビー・チェイス(ファール・プレイ)、ビル・マーレイ(ゴースト・バスターズ)、エディ・マーフィ(ビバリーヒルズ・コップ)、ロバート・ダウニー・ジュニア(アイアンマン)ら、出演していた者の多くが大スターになっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >