2018/05/28 18:00

“男女バディ”のボーカリゼーションが光る5曲

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
「白だ黒だとけんかはおよし 白という字も墨で書く」なんて都々逸がありますけれども、先日講談師・神田蘭師匠と噺家・桂夏丸師の真打披露興行に行ってきました。片や淀みなくまくりたてる口跡に反し、絢爛豪華な美貌を惜しげも無く時に崩して全身全霊で笑いを取りにいく蘭師匠、片や枝垂れ柳のごとし面立ちと佇まいそのままの飄飄とした語り口が時が経つにつれて段々とほどけ、それに釣られてこちらも口角を上げてしまう夏丸師匠。一見正反対のように思えてふとした瞬間線描が重なる芸のかたちに目いっぱい笑うと同時に、板の上では男だの女だのなんて些細な違いにすぎないのかもしれないと羨ましくなったりもしました。そういうわけで今回は、男女“バディ”の美しくも逞しいヴォーカリゼーションが印象的な5曲を紹介します。

■「夏の天才」(’18)/SPANK HAPPY

何は無くともSPANK HAPPY再始動というだけで2018年は生きる価値があります。首謀者・菊地成孔が咀嚼した渋谷系のポップなフェイク感の綴れ織りをシアトリカルに具現化した原ミドリ、不健全な夜への憧憬と安堵感を綻ばせるドーリーなモチーフの岩澤瞳らを経て、約12年の沈黙を破るための相棒に選ばれたのはO.D.こと小田朋美。復活の報とあわせて発表された「夏の天才」は、三越伊勢丹『2018グローバル・グリーン キャンペーン』のテーマソング。肌の上を滑り落ちる汗と鋭利な日差しをするりとかわすように風通しのいいふたりの声、清涼感あふれるエレクトリカルなサウンドに乗せられる歪んだギターやシンセ、スクラッチの音色のひとつ時縄ではいかないスマートさが露わになっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >