2018/06/02 12:00

Nothing’s Carved In Stone、全国ツアーの最終公演で唯一無二のバンドサウンドを叩きつける

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
今年10周年を迎えるNothing's Carved In Stone(以下NCIS)が5月22日(火)、全国ツアー「Mirror Ocean Tour」の最終公演を東京・新木場Studio Coastで開催した。今年で10周年を迎え、10月7日(日)には初の日本武道館公演が決定しているNCIS。9thアルバム「Mirror Ocean」を携えたツアーのファイナルでも彼らは、さらに研ぎ澄まされたアンサンブル、大きくスケール感を増したサウンド・スケープをダイレクトに見せつけた。

超満員の新木場Studio Coastにメンバーが登場した瞬間、凄まじい歓声が起こる。オープニングは最新アルバムのタイトルチューン「Mirror Ocean」。壮大なストーリー性を感じさせる楽曲構成、メンバー全員のプレイヤビリティを活かしたアレンジ、全体を包み込む哀愁を含め、バンドの存在意義がたっぷり込められたこの曲によって、会場は一気にNCISの世界観に染め上げられる。「準備できてるか? 新木場!」という村松 拓(V&G)の煽りから「In Future」、「Out Of Control」といったライブアンセムが次々と放たれ、観客のテンションは一気に引き上げられた。重厚感としなやかさ、大胆なアイデアと繊細な構築美、緊張感と解放感。相反する要素がナチュラルに混ざり合ったバンドサウンドは、やはり唯一無二。この瞬間、この場所でしか体感できないロックミュージックが響き渡り、快楽と興奮が同時に押し寄せてくる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >