2018/06/04 18:00

中島卓偉、東名阪ツアーでは“16ビート”の楽曲のみを演奏!? その試みの真意に迫る

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
中島卓偉が、2018年6月に東名阪ツアー<(16 BEATS ONLY!!)Dance!Feel The Noize.>を開催する。このツアーは、その名のとおり16ビートの楽曲のみを演奏するという挑戦的な構成だ。なぜ、彼はこのようなリズムにこだわったライブを行おうと考えたのか。ツアー直前の5月下旬に中島のもとを訪れ、その真意を聞いた。

──2018年6月に東名阪で<(16 BEATS ONLY!!)Dance!Feel The Noize.>と題したワンマンライブを行いますが、そもそも16ビート縛りのライブをやろうと思った経緯をお聞きしたいです。

これがすごく長くなるんですよ(笑)。どこから話せばいいのか……。まず、自分が16ビートの曲が好きだからというのは当然あって。そもそも日本人ってリズムの受け止め方が全部8ビートなんですよね。僕はデビューして19年目で、2000年に1stアルバムを出したんですけど、そのアルバムは12曲中、8ビートは2曲しか入ってないんですよ。基本全部16ビートで、8ビートの曲であっても符割りが16であることをマストにして曲を書いてきたんですけど。だから、初期の頃から、なんでこんなにみんなスウィングしないのかなってずっと思っていて。それは別にファンが悪いとか、コール&レスポンスがどうこうという話じゃなくて、グルーヴの話。そこが通じ合えないというか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >