2018/06/04 18:00

実は音楽県だった!? 長野県の音楽&出身アーティスト5選

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
諏訪湖や温泉街、御柱祭で知られる長野県諏訪市出身の筆者。学生時代は近くに大きな楽器屋やCDショップ、ライブハウスもなく、決して音楽環境が良かったわけではなくて。音楽雑誌を眺めては東京に憧れて、足繁く上京してCDを買い漁ったり、ライブハウスに通っていたもんです。近年、地元のFM局でラジオ番組、LCV-FM『激アツ!ロックンロール教室』をやったり、6月16日(土)と17日(日)に長野県茅野市で開催される、室内ロックフェス『OTOSATA ROCK FESTIVAL 2018』を応援させていただく中、「実は長野県って音楽県だったのでは!?」と思わされることが増えました。知ってました? 実は世界屈指のエレキギター工場がたくさんあることや、実は長野県出身ミュージシャンってすごく多いこと。今回は僕の地元、長野県の音楽や出身アーティストにスポットを当ててみました。

■「信濃の国」/長野県県歌

まず紹介したいのが、長野県歌「信濃の国」。「長野県生まれのほとんどの人が歌える」と言われるほど、県民に深く浸透しているこの曲。1899年に長野県師範学校教諭の浅井洌が作詞、1900年に同校教諭の北村季晴が作曲し、1968年(昭和43年)5月20日に長野県歌として正式制定。以降、長野県の多くの小学校、中学校、高校で行事ごとに歌われてきたこともあって、「ほとんどの人が歌える」というのも、まんざら嘘じゃない。現在も愛され続け、ご当地キャラのアルクマによる「信濃の国(アルクマ・ダンス・バージョン)」、ご当地アイドルのパラレルドリームによる「信濃の国-パラドリver.-」、アイドルマスターによる「信濃の国 ~ハッピー&パピーver~」など、多数のアレンジ盤が存在するこの曲。歌詞には長野県の地理地名や産業、長野県出身の著名人とさまざまな文化、歴史が六番に渡って散りばめられますが、残念ながら二番以降を歌える県民は少ないです!(笑)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >