2018/06/06 15:00

ONE☆DRAFT、「自分時代」MVは狩野英孝が初主演

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
ONE☆DRAFTが約4年半振りとなるシングル「自分時代」と、約7年振りとなるDVD『デビュー10周年記念「蜂桜祭」~大阪服部緑地 野音SP~』を6月6日にリリース。メンバーのTwitterやInstagramなどでは「自分時代」のMVを撮影した旨の投稿が以前からあったが、発売日にそのMVが公開となった。

MVのメインはONE☆DRAFTのメンバーではなく、人気お笑い芸人の狩野英孝が主演を務めている。出演を打診したところ見事快諾をいただき、撮影が実現。狩野英孝は過去にMV出演の経験はあるが、主演は今回が初めてだという。“夢を追い求めて、もがき苦しんだその姿が実際の若手芸人時代の思い出とリンクした。あの当時にはもう戻りたくない…(笑)”と狩野が語っている通り、迫真の演技を見せている。

一方で、LANCE(MC&Vo)はテレビディレクター役を務め、RYO(VO)とMAKKI(DJ)はバイト先のお好み焼き屋の店員役を演じている。“芝居は得意ではないです…”とメンバー3人は口を揃えて言いつつも、しっかりと役になりきっており、こちらも全く違和感がないことに驚かされる。メンバーがどういった場面でいつ出てくるかにもぜひ注目してほしい。4人の演技が楽曲と合わさることで、この「自分時代」という楽曲から伝わるメッセージ性と説得力が何倍にも増して聴こえてくるはずだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >