2018/06/08 19:00

the band apart、結成20周年を記念したリクエストツアーを完遂

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
“(バンド結成から)20年に入って、歌うことが分かってきた。(渡辺)美里さん張りのMy Revolutionが起きて…”と荒井岳史(Vo&Gt)がMCすると、会場は和やかな笑いに包まれた。

今年バンド結成20年というアニバーサリーイヤーを迎え、ファンのリクエストを踏まえてセットリストを組んだ『20周年記念リクエストツアー』を初開催したthe band apart。4月の仙台公演を皮切りに計8公演行なわれ、5月27日の新木場Studio Coast公演は最終公演となった。まず会場に入ると、1階のフロアーはもちろん、2階席を含めてびっしりと観客で埋まっている。開演前からすでに祝福ムードが漂う完全ソールドアウト状態である。

 開演時間を少し過ぎ暗転すると、荒井、川崎亘一(Gt)、原 昌和(Ba&Cho)、木暮栄一(Dr)とメンバー4人がぞろぞろと姿を見せ、オープニングは最新曲「Falling in Love」で幕開けした。ど直球の曲名、甘美なラブソングと言える歌詞世界を含め、20年の年輪が鮮やかに刻まれた楽曲と言っていい。ここに集まった観客のハートを木綿のごとくやさしく包み込むスケール感のあるサウンドでご挨拶。ピンク色の照明と相まって、心がじわじわと温かくなる曲調だった。それから「星に願いを」で手を上げる観客が増え始め、次は「higher」へとつなぐ。サビで突き抜ける荒井の高音ヴォイスは何度聴いてもうっとりさせられ、特に後半の伸びのある声量には体中がゾクゾクする思いだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >