2018/06/13 18:00

『喜納昌吉&チャンプルーズ』が示した沖縄音楽という名の宝珠

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
先週6月6日、『喜納昌吉&チャンプルーズ』がアナログレコードで復刻。このまたとないタイミングで、当方でもこの邦楽ロックの名盤中の名盤を取り上げてみたい。沖縄音楽とロックの邂逅。その内容と意義と併せて、この傑作が登場した歴史的背景、のちのシーンに及ぼした影響についても触れてみよう。

■源流を辿り、鉱脈を掘り起す試み

先日、取材させてもらった、とあるアーティストがこんなことを言っていた。「日本人ってゼロから1を作り出す能力はそれほどないかもしれないんですけど、1を10にする力ってめちゃめちゃあって。海外から入ってきたものを日本独自のものに進化させる──それこそゲームもそうだし、アニメもそうで。(中略)80年代のポップスって米国から入って来たファンクとかブラックミュージックの影響を受けているんですけど、全然違うものになっているじゃないですか」。確かに一理あると思った。日本の童歌や民謡など“日本古来と言われる音楽”(ここではあえてそう呼ぶ)は、西洋音楽に比べて音階が少ない上に、リズムも基本的に二拍子が多く、抑揚に乏しいとは言わないまでも派手な印象は薄い。そう考えると、ゼロから1を作り出す能力はそれほどないというのは正解なのかもしれない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >