2018/06/22 18:00

なめちゃいけない、カーペンターズ。『遥かなる影』は名曲満載の傑作だ!

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
今回紹介するのは、カーペンターズの2ndアルバム『遥かなる影(原題:Close To You)』(’70)。彼らのことを敬遠するロックファンは少なくないようで、それは半端なくもったいないので、取り上げることにした次第。本作はバート・バカラック&ハル・デヴィッド、ポール・ウィリアムス&ロジャー・ニコルズ、ジョン・レノン&ポール・マッカートニーら最高のソングライターチームが作った粒揃いの楽曲、バックを受け持つレッキング・クルーによる歌を引き立てる素晴らしい演奏、そして何より、まだ20歳前のカレン・カーペンターの素直で透き通るような歌声が渾然一体となって創造された、アメリカンポップスの最高の成果のひとつである。

■思春期のロックファンは 健全なカーペンターズが大嫌い

なぜ、多くの思春期のロックファンはカーペンターズを無視するのか? それはおそらく、あまりにも優等生すぎるサウンドと兄妹二人の健全なルックス、それが思春期には癇に障るのだ。少なくとも僕の場合はそうだった。ビートルズ世代よりも若い僕たち(50年代生まれ)は、ロックが大きく変わろうとしていた時代に洋楽のファンになった。中1から中2の前半まではサイモン&ガーファンクルやカーペンターズ、そしてダンヒル・ヒット・サウンドなどをはじめとしたポップスのヒットシングルを集めていたのに、中2の途中から中3になる頃にはハードロック、プログレ、ブルースロックなどに夢中になっていった。そして、それらのグループやシンガーは、過激であればあるほど見た目も奇抜であった。そんなこともあってか、“奇抜(ロック)=カッコ良い、普通(ポップス)=カッコ悪い”みたいな図式が思春期の軽すぎる頭を駆け巡っていくのである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >