2018/06/26 13:00

SING LIKE TALKING、ダンサー・島地保武の即興ダンスをメインにした「Vox Humana」MV公開

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
デビュー30周年を迎えたSING LIKE TALKINGが、6月27日(水)にリリースする41stシングル「Vox Humana」のミュージックビデオを公開した。

「Vox Humana」はラテン語で“人間の声”を意味しており、“声をかけるという事、声を上げるという事、声を聴くという事… 世界に、そして極身近に在りたい優しさの積極性。アンサンブルでのアフリカの音とエレクトロの音の対峙。静寂と激情の対比”といったものから何かを感じてほしいとメンバーの佐藤竹善も語るように、声を通して人と繋がる大切さについて改めて考えさせられる一曲。また、サウンド面ではその言葉をまっすぐ受け止められるシンプルな仕上がりに、SING LIKE TALKINGのキャリアやそれぞれのスキルが存分に感じることができる。

そんな楽曲「Vox Humana」のメッセージやサウンドを受けて、完成したミュージックビデオもシンプルな構成だ。コンテポラリーダンスの最前線で活動するダンサー・島地保武による楽曲を受けての即興ダンスを、カメラワークやカット割りはできるだけ排除しヒキでの撮影。常に身体への対話を心がけている彼のケガをしてしまった経験に基づく、いつも以上に感じる身体の“声”といった生々しい表現が画面から飛び出してくるような仕上がりとなっている。また、“この曲にあるものがSING LIKE TALKINGの本物の言葉、声であるからだと感じ”そういった表現ができたと、島地氏は撮影後にコメントしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >