2018/07/04 12:00

三浦大知、新プロジェクト“球体”で披露した圧巻のパフォーマンス

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
5月から6月にかけて行なわれた三浦大知の“完全独演”公演『球体』(全8カ所・10公演)から、6月17日(日)の東京・NHKホール公演(昼・夜開催の昼公演)をレポート。7月11日発売のニューアルバム『球体』と連動するかたちで行なわれたこの公演で三浦は、音楽、詩、ダンス、歌、舞台演出を高い次元で融合させた、総合芸術作品と呼ぶべきステージを実現させた。

 今年3月に発表したベストアルバム『BEST』で自身初となるオリコン週間アルバムランキング初登場1位を獲得。さらに初の日本武道館2デイズライヴ『DAICHI MIURA BEST HIT TOUR in 日本武道館』を成功させるなど完全なブレイクを果たした三浦大知。日本のエンターテインメントを代表するアーティストのひとりとなった三浦の次なるアクションは、“球体”と名付けられた実験的にして未体験のプロジェクトだった。軸になっているのは、リリース予定の同名アルバム『球体』。これまでも三浦の楽曲(『Inside Your Head』『Anchor』『Unlock』など)を手掛けてきたNao'ymtの全面プロデュースによる本作には、断片的かつ群像的短編のようなイメージを持つ17曲を収録。このアルバムを三浦自身の演出、構成、振付けによって体現したのが今回の公演だ。ある架空の世界を舞台に紡がれる、時空を超えるような17の物語が、美しい日本語の響きを活かした詩、質の高いサウンドメイク、そして、三浦の卓越したヴォーカルとダンスとともに立体的に描かれるーーそれはまさに三浦大知という表現者の新たな進化を示す舞台だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >