2018/12/05 19:00

LAMP IN TERREN、“言いたいことを落とし込んだ”復活アルバム『The Naked Blues』を語る

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
LAMP IN TERRENの4thアルバム『The Naked Blues』が素晴らしい。2018年は松本 大(Vo)の声帯ポリープ手術に伴って4月に活動を一時休止し、8月19日の日比谷野外大音楽堂にて完全復活を遂げた彼ら。今作に託した想いや自身の変化について松本に話を訊いた。

自分を掘り下げた先にしか
唯一無二なものは見つからない

ーー活動休止を経て、復活となった8月19日の日比谷野外大音楽堂公演を振り返って、どんな感想を持っていますか?
「正直な話をすると、活動再開ライヴということでいろいろ緊張する要因も重なっていて…大切な日なのに体調も悪かったんですよ。副鼻腔炎で少し鼻声だったし、悔しさが残るライヴでした。でも野音のライヴ以降はネジが2、3本飛んですごく良い状態になった気がします。結果的にあの日はあって良かったなと」

ーー最初は緊張してても、ライヴのある瞬間に吹っ切れたと言う人はいますけど、そういう状態にもならなかったと?
「後半になるにつれて落ちて行くというか…」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >