2017/05/11 18:00

EXO・カイ、日本ドラマ初主演作がクランクアップ「全力で臨んだ」

WOWOW『連続ドラマW 春が来た』をクランクアップさせた主演のカイ(EXO)
 韓国出身の男性グループ・EXOのメンバー、カイが日本のドラマに初主演するWOWOW『連続ドラマW 春が来た』のクランクアップを迎えた。初の日本でのドラマ出演にして主演、日本語での演技、初対面の日本の共演者、スタッフとの撮影や初の長期間に及ぶ日本滞在、同時期にはグループとしての公演を海外で行う過密スケジュールを乗り越えたカイは河合勇人監督から白い花で作られた花束を受け取ると、「本当に寂しい。寂しいです」と、

【別カット】カイ(EXO)と監督が笑顔で2ショット

日本語で名残惜しさを表し「また明日もここに来たい」と感無量の表情であいさつした。

 同ドラマは日本を代表する脚本家、向田邦子さんが“家族の再生”という普遍的なテーマを描いた同名短編小説(文春文庫『隣りの女』所収)をもとに、現代を舞台にしてオリジナルストーリーを加筆、再構成して連続ドラマ化。デパートの下着売り場に勤める地味で冴えない独身の岸川直子(倉科カナ)がひょんなことから、ひとりの韓国人カメラマン、イ・ジウォン(カイ)と出会う。その日をきっかけにジウォンの存在は直子とその家族を少しずつ変えていく…。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >