2017/06/16 08:10

海外でも増加、創造拠点となる「シェアオフィス」の可能性

交流しやすい「co-lab渋谷キャスト」のフリーのワークスペース。このほか個室もある (C)oricon ME inc.
 4月末にオープンした「渋谷キャスト」は、エンタテインメントやクリエイティブ産業の発展を資することを目的としたクリエイターのための複合施設。多目的スペースや共同住宅、事務所など、創作活動をアシストするさまざまな要素が詰まっているが、中でも同施設のエンジン的役割を担っているのが、シェアオフィス「co-lab渋谷キャスト」だ。手がけたのは、シェアオフィスの重要性に国内外でもいち早く着目した、田中陽明氏が代表を務める春蒔プロジェクト。田中氏に同施設の特長、またシェアオフィスの可能性について尋ねた。

【内観】絵本『スイミー』をモチーフにした壁画

◆企業・投資家とのマッチングや法務支援も充実

 「渋谷キャスト」は、クリエイターが集まり不揃いな中にも独自性を主張しながら調和を図り、さまざまなアウトプットを出していくというコンセプトが体現された建物。「co-lab渋谷キャスト」は、その1、2階に位置している。春蒔プロジェクトは、03年よりシェアオフィス「co-lab」事業を開始、現在は「co-lab渋谷キャスト」を含め都内7ヶ所で運営展開をしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >