2017/06/15 07:00

注目の若手女優・永野芽郁が語った“女優”への想い「あの時に辞めないで、ちゃんと続けてきて良かった」

『Deview/デビュー』のロングインタビューで、女優への想いを語った永野芽郁 撮影/booro(BIEI)(C)Deview
 映画『ひるなかの流星』、『帝一の國』、『ピーチガール』など、人気作にひっぱりだこの若手女優・永野芽郁。そんな永野が所属している「スターダストプロモーション芸能1部」が、5回目となるモデルオーディション『スターダストプロモーション創立40周年記念 MODEL AUDITION』を開催中。オーディション情報サイト『Deview/デビュー』では、小3でスカウトされ、芸能活動をスタートさせた彼女に、デビュー当時のこと、女優として飛躍するきっかけとなった作品について、女優への想いなどをロングインタビュー。

【写真】女優への想いなどを語った永野芽郁

【永野芽郁インタビュー】

◆「あの時に辞めないで、ちゃんと続けてきて良かったなって思います」

――吉祥寺のサンロードでスカウトされた時のことは覚えていますか?

「覚えています。小学3年生だったので、まだスカウトっていう言葉もわかってなかったですし、事務所がどんなところかも全然知らなくて。まず“なんだろう?”って思いましたね。家に帰ってからお母さんに聞いたら、テレビに出ている人たちがいる場所だよって、すごいざっくり説明してくれて(笑)。“じゃあ、テレビに出られるんだ”っていう軽い気持ちでした」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >