2017/06/15 06:00

内藤剛志、主演ドラマ撮了でさらなるやる気「また来年この現場で」

テレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長 season2』主演の内藤剛志(中央)を中心にメインキャスト勢揃いでクランクアップ(C)テレビ朝日
 俳優の内藤剛志が主演するテレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長 season2』(毎週木曜 後8:00)がこのほどクランクアップ。内藤は「皆さんのおかげで3ヶ月間を乗り切ることができました。昨年のシーズン1よりまた一歩、作品として前に進めたことを実感しています。このドラマに関わったことをぜひ皆さん、自慢してください! そしてまた来年この現場でお会いできることを願っています」と、シーズン3もやる気満々なところを見せていた。

【場面写真】『警視庁・捜査一課長』第9話(6月15日放送)より

 最後に撮影したシーンは、最終話(22日放送)の舞台となる“板橋中央署”の捜査本部。数々のピンチに見舞われ、捜査一課が絶体絶命の事態に追い込まれる中、「いいか皆、何としても証拠を見つけて、必ずホシを挙げる!」と、内藤ふんする一課長の決めぜりふとも言うべき掛け声を受け、総勢50人の捜査員たちが士気を高める場面だった。

 内藤は「ドラマはキャスト、スタッフ全員のものだと思っています。『必ずホシを挙げる!』というセリフは大岩が自分たちに喝を入れる言葉であって、決して『挙げろ!』という命令形ではないところが、まさにこの作品を象徴しています。その場面でクランクアップを迎えることができてうれしかった!」と喜びもひとしお。「3ヶ月間、とても楽しかったですね。シーズン2では新しく田中圭さんが加入した上、捜査員ひとりひとりのキャラが濃くなって、ますます面白い作品になりました。間違いなくシーズン1から進化を遂げることができたと思います!」と話していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >