2017/06/15 22:00

宮本亜門、演出家生活30周年に感慨「90歳過ぎても演出家やる」

演出家生活30周年のパーティーを開いた宮本亜門氏 (C)ORICON NewS inc.
 演出家の宮本亜門氏(59)が15日、出身地の東京・銀座にあるレストラン「ティエリーマルクス」で演出家生活30周年記念パーティーを開いた。パーティー前に取材に応じた宮本氏は「世界的に演出家って長生きする。僕は90歳を過ぎても演出家やる」と宣言した。

【写真】出身地の銀座を上から眺める宮本亜門氏

 30年という月日について問われると宮本氏は「30年、経っちゃいました。劇団も持っていないし、やっていけんのかなって思いながらの30年だった。自分でも信じられない」と感慨深げ。1987年4月にオリジナルミュージカル『アイ・ガット・マーマン』で演出家としてデビューし、翌年に同作品で文化庁芸術祭賞を受賞する。一躍、人気演出家となり、これまで118本の演出を務めている。

 04年に米・ブロードウェイで『太平洋序曲』を上映し、トニー賞4部門でノミネートを果たしたが受賞はできなかった。宮本氏は「トニー賞はノミネートだけじゃ全然、満足できません。授賞式に出て悔しくて悔しくて1人、ムッとしていました」と懐かしそうに振り返り「やっぱり受賞しなきゃ。そこは一つの目標として死ぬまで向かう」と言い切っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >