2017/07/12 06:00

神奈月インタビュー(下)ものまね人生30年は“通過点”「これから伸びていかないと…」

ものまね人生30年は“通過点”だと語る神奈月 (C)ORICON NewS inc.
 「30年やりましたっていうと、僕のイメージでは大ベテランみたいな感じがあったんですけど、いやーまだまだですね。ここからさらに伸びていかないといけないなって思っています」。十八番ネタの武藤敬司を始め、井上陽水、吉川晃司といったバラエティー豊かなものまねで魅了し続けている神奈月(51)だが、本人にとって芸歴30年は通過点に過ぎない。そんな彼に、これまでの経験で身につけた流儀や今のものまね界への思いを聞いてみた。

【写真】十八番ネタのひとつ“原辰徳”を披露する神奈月

■ネタ選びの決め手は2つ ものまね30年でたどり着いた境地「似てなくてもいい」

 数多くのレパートリーを誇る神奈月だが、ネタ選びの基準は極めて明快。「まず、この人はまだ誰も手を付けていないよねっていうのが大前提。その中で、その人を表現する時に笑いに変わられるっていうところですからね、そこが大きいかもしれないです。逆にこれだけはやらないようにしているっていうのは…若手のイケメン俳優の方々とかは手を付けないようにしています。ファンの方に怒られちゃうので(笑)」。最近では“ある境地”にたどり着いたのだと笑顔で打ち明ける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >