2017/07/12 10:00

【上半期CM好感度】「三太郎」がV3 “携帯5強時代”が到来

2017年上半期『銘柄別CM好感度ランキング』で【KDDI/au】が3年連続で1位を獲得
 CM総合研究所は12日、2017年上半期の『銘柄別CM好感度ランキング』を発表した。俳優の松田翔太が桃太郎、桐谷健太が浦島太郎、濱田岳が金太郎に扮する「三太郎」シリーズが人気の【KDDI/au】が、3年連続で1位を獲得。今期は、学校に通いだした3人が授業や部活など学校生活を楽しむ様子をコミカルに表現した学割訴求の作品が、好感度を牽引した。

【一覧表】CM好感度ランキングTOP10 主な出演者も

 2位は、昨年の3位からアップした【NTTドコモ/NTT DOCOMO】。堤真一、綾野剛、高畑充希が新聞記者を演じる「得ダネを追え!」シリーズでは、昨年話題になった近藤春菜、秋山竜次、斎藤司に続き、今期は箕輪はるか、ブルゾンちえみらのお笑い芸人が登場。個性的な役柄をコミカルに演じ、ランキングに貢献した。

 3位は、昨年2位から1ランクダウンした【ソフトバンク/SoftBank】。今春の学割訴求CM「SUPER STUDENT」には、転校生役として世界的アーティストのジャスティン・ビーバーが登場し、広瀬すずやピコ太郎、「白戸家」のお父さんたちと共演して大きな話題を集めた。昨年に続き、携帯3社がTOP3を独占した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >