2017/07/12 04:00

桑田佳祐、過去最少規模300人ライブにファン興奮

300人の前で熱唱する桑田佳祐 Photo by 岸田哲平
 ソロ活動30年を迎える桑田佳祐が11日、東京・六本木のBillboard Live Tokyoで今年初のライブを開催した。10月からは全国アリーナ&5大ドームツアーを行うことが決まっている桑田にとって、300人規模の会場はキャリア最少。幸運にもプレミアムチケットを入手したファンを大興奮させた。

【写真】4月からは有村架純主演の朝ドラ主題歌を担当

 『この夏、大人の夜遊びin日本で一番垢抜けた場所!!』と題して10・11日に同所で行われたライブは、1日1公演、しかも1回の観客は300人という超プレミアライブ。通常であれば巨大モニター越しに見る桑田の表情を肉眼で見ることができるぜいたくなシチュエーションに、会場は濃密な熱気に包まれた。

 大歓声に迎えられた桑田は冒頭、ソロアルバム『Keisuke Kuwata』(1988年)、『孤独の太陽』(94年)、『ROCK AND ROLL HERO』(2002年)、『MUSICMAN』(11年)、さらにKUWATA BANDの楽曲をバランスよく構成。続いて8月23日に発売される6年半ぶりのオリジナルアルバム『がらくた』収録曲から8曲を披露し、後半は新旧ヒット曲を織り交ぜて一気にラストスパート。ファンを終始、夢心地にさせていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >