2017/07/13 20:54

『はいからさんが通る』ギャグ誕生の舞台裏 原作者・大和和紀が明かす制作秘話

『はいからさんが通る』制作秘話を明かした大和和紀氏
 1975年から77年に『週刊少女フレンド』(講談社)で連載され、シリーズ累計1200万部を売り上げた、大正時代を舞台にした名作ラブコメディー『はいからさんが通る』。その劇場版新作アニメ公開(前編:11月11日より上映)を記念して、原作者の大和和紀氏が12日、都内で会見を行った。

【画像】画のタッチに違い?漫画版とアニメ版の『はいからさんが通る』

 札幌市出身の大和氏は、66年『週刊少女フレンド』にて『どろぼう天使』でデビュー。『源氏物語』を基に描いた『あさきゆめみし』のほか、『ヨコハマ物語』『N.Y.小町』など数々の人気作を世に送り出してきた。昨年画業50周年を迎えたが、劇場版アニメ公開と並行して、宝塚歌劇団による舞台化や、東京・弥生美術館での原画展など「はいからさんブーム」が再燃している。

 大和氏は同作を描くきっかけについて「当時の漫画雑誌は高校生の恋愛モノが中心だったのですが、20代半ばの私は『いくらなんでも、もう相手が高校生じゃ萌えない』と感じていた。そこで大正時代を舞台にした歴史モノを描きたいと思いました」と回想。「当時は1週間に20ページくらい描いていましたが、筆が早い私でも5日間ほぼ眠らずに描いていた。でも、楽しかったですね」と感慨深げに明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >