2017/07/12 18:38

岡山県出身、16歳の現役女子高生シンガー・MIO、高校球児への応援歌でデビュー MVにはチアダンスの強豪チームも出演

シングル『ダイヤモンドの奇跡(Miracle of Diamond)』でデビューするMIO(中央)。MVにはチアダンスの強豪チーム・日本体育大学柏高等学校「SUNDROPS」が出演。
 16歳の女子高校生新人シンガーのMIOが12日、シングル『ダイヤモンドの奇跡(Miracle of Diamond)』でデビューする。同曲はチバテレ『高校野球ダイジェスト』のエンディングテーマに起用されている。

【写真】MIOのMVにはチアダンスの強豪チーム・日本体育大学柏高等学校「SUNDROPS」が出演。

 MIOのデビュー曲『ダイヤモンドの奇跡(Miracle of Diamond)』は、作曲・編曲をRayflowerの都啓一、作詞を元高校球児のChanyuが手がけている。野球の世界で「内野」を意味する“ダイヤモンド”にかけて描かれた歌詞には、勝敗だけではない青春の1ページが綴られ、夏に青春をかける高校球児への応援を込めてMIOが芯のある歌声で歌い上げている。

 新人のデビュー曲ながら、チバテレ『高校野球ダイジェスト』のエンディングテーマに起用。同時に公開されたミュージックビデオには、海外大会にも出場するチアダンスの強豪チーム・日本体育大学柏高等学校「SUNDROPS」が出演。歌詞にあわせた青と赤の衣装で撮影に参加し、新人のデビューを盛りたてている。なおカップリング曲には『センチメンタル・ジャーニー』と『タッチ』のカバーが収録されている。

■MIOプロフィール
2001年4月生まれ、岡山県出身。16歳。
中学2年生の時に地元でスカウトされたことをきっかけに活動を開始。地元で活動する中で、東京の関係者の目にとまりデビューを果たす。
血液型:B型
身長:155cm
特技:料理、縄跳び2重跳び40回
好きなスポーツ:バレーボール、野球
チャームポイント:笑顔

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >