2017/07/13 17:00

広井王子氏、一撃必殺アクションで新しい地平を拓く 『コードネームミラージュ』

テレビ東京系で放送中のドラマ『コードネームミラージュ』原作を手がける広井王子氏 (C)ORICON NewS inc.
 さまざまな犯罪捜査ドラマが作られる中で、テレビ東京ほかで4月から放送されている『コードネームミラージュ』(毎週金曜 深1:23)。警察内の特殊部隊「K13」とそのトップエージェント・森山真一/ミラージュ(桐山漣)が、犯罪浄化の任務を遂行していくドラマに、近接格闘術とガンアクションをふんだんに盛り込んだ“瞬殺”のアクションシーンが新鮮かつ痛快と、視聴者にアピールしている。

【動画】ミラージュの超絶アクション映像

 同ドラマは、『サクラ大戦シリーズ』や『魔神英雄伝ワタルシリーズ』などを手掛けたマルチクリエイターの広井王子氏が原作から手掛ける完全オリジナル作品。ミラージュが乗る超高性能AI(人工知能)車両「ロビン」(CV:朴ロ美)や、そのロビンを整備する自動車整備工場の経営者・鐘ヶ淵(萩原聖人)が作るガジェット、監視カメラの映像から個人情報まで、ネットでつながっているものは何でもハッキングできる天才ハッカーの木暮美佳子(佐野ひなこ)ら、2、3歩進んでいるような設定で妙にリアリティを感じさせるのは、広井氏の得意とするところなのかもしれない。その広井氏にインタビューを敢行した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >